妊娠線予防のクリームはいつから使い始める?

妊娠は嬉しいこと。でも、妊娠線ができないか心配!

妊娠は、赤ちゃんができてとても嬉しいことです。でも、つわりなどのマイナートラブルや妊娠線など、心配事は付き物。中でも妊娠線は、1度できてしまうと消えないとまで言われているので、しっかり予防したいですよね。

 

そこで、妊娠線予防はいつから始めたらいいか?おすすめの妊娠線予防のクリームについて紹介します。

 

妊娠線を予防するクリームのおすすめランキングはこちら>>>

妊娠線はいつからできるの?原因や予防策など、妊娠線にまつわるまとめ

まずは、妊娠線にまつわる情報を紹介します。

 

妊娠線とは?妊娠線ができる仕組み

妊娠線とは、妊娠によって急激におなかが大きくなることにより、皮膚が引っ張られてできてしまう、亀裂のことをいいます。

 

肌は、下の図のように、表面から表皮→真皮→皮下組織という3層構造になっています。このうちの真皮が妊娠によって引っ張られ、組織が壊れると妊娠線ができます
肌の断面
真皮は、1度組織が壊れてしまうと元には戻すことができません。そのため、妊娠線ができないように予防しよう!となるのです。ちなみに、肌の表面にある表皮は組織が壊れても、修復することができるので、真皮にある傷を目立たなくさせることはできます。

 

妊娠線ができやすい人とは?

妊娠線ができやすい人は、一般的に以下のような特徴があると言われています。

 

  • 双子など、多胎を妊娠している人
  • 乾燥肌の人
  • 小柄な人
  • おなかの脂肪が多い人
  • 経産婦さん
  • 高齢出産の人

 

妊娠線ができてしまった女の人

 

双子など、多胎を妊娠しているとおなかがとても大きくなるため、経産婦さんは急激におなかが大きくなるため、妊娠線ができやすくなります。肌の潤いが足りず、おなかが大きくなった時に肌が伸びないことによってもできます。そのため、乾燥肌の人や、高齢出産で、若い人に比べて体や肌の柔らかさや弾力性が足りない人もできやすいと言われています。

 

小柄でも、赤ちゃんの大きさは通常サイズまで成長するのはよくあることです。小柄な人は、おなかの表面積が小さく、おなかが大きくなった時に皮膚がひっぱられやすい傾向にあります。皮下脂肪は、多いほど伸びにくいと言われています。このため、おなかの皮下脂肪が厚い人も、妊娠線ができやすいと言われています。

 

 

わたしは、「小柄」と「おなかの皮下脂肪が厚い」に該当します。今5ヶ月でおなかはそんなに目立ちませんが、皮膚の引っ張られている感がすごいので、妊娠線ができるのではないかと恐れています。


 

わたしは、「小柄」と「おなかの皮下脂肪が厚い」に該当します。今5ヶ月でおなかはそんなに目立ちませんが、皮膚の引っ張られている感がすごいので、妊娠線ができるのではないかと恐れています。


妊娠線はいつからできるの?

妊娠線は、妊娠した人の半数以上ができてしまうと言われているものです。妊娠線ができてしまった人の8割ほどは、妊娠後期(8ヶ月〜10ヶ月)頃で、2割ほどは妊娠中期(5ヶ月〜7ヶ月)と言われています。妊娠初期(〜5ヶ月まで)にできてしまった人もいるそうです。

 

妊娠線予防はいつからしたらいいの?

妊娠線は、肌の潤いや弾力が足りず、大きくなったおなかに、皮膚がついていかず、伸びなくなってしまったことでできてしまいます。予防するには、おなかが大きくなる前から、潤いを与えましょう。

 

一般的には、妊娠4ヶ月〜5ヶ月頃からおなかがふっくらし始めてくるので、その前の、妊娠3〜4ヶ月頃から妊娠線予防をするのがおすすめです。

 

 

わたしは、妊娠3ヶ月頃から1日1回夜に、妊娠線オイルを塗っています。そして、妊娠100日目(4ヶ月の後半)をカウントしてからは、急におなかの皮膚がピーンと張るようになったので、夜は妊娠線クリーム、朝は妊娠線オイルのダブル使いでケアしています。しかし、5ヶ月でこの張り具合なので、後期で妊娠線できるのではと思っています。


 

わたしは、妊娠3ヶ月頃から1日1回夜に、妊娠線オイルを塗っています。そして、妊娠100日目(4ヶ月の後半)をカウントしてからは、急におなかの皮膚がピーンと張るようになったので、夜は妊娠線クリーム、朝は妊娠線オイルのダブル使いでケアしています。しかし、5ヶ月でこの張り具合なので、後期で妊娠線できるのではと思っています。


妊娠線予防に効果的な方法は?

妊娠線を予防するには、以下のような方法があります。

 

  • 保湿クリームを塗る
  • 妊婦帯などでお腹を支える
  • 急激に体重を増やさない

 

妊娠線は、お肌に潤いがないとできやすくなってしまうので、1番は保湿をすることが大切です。また、妊婦帯やサポーターでおなかを支えることも効果的。食事や運動を適度にコントロールして、体重を急激に増やさないことも大切です。

 

「つわりでほとんどご飯が食べれなかったけど、安定期に入ったら食欲が止まらない…!」という方、要注意です。

 

妊娠線予防におすすめな成分

妊娠線を予防するには、肌をしっかりと保湿し、ターンオーバーという肌の生まれ変わりを正常にさせる必要があります。

 

以下のような成分が入ったものがおすすめです。

 

シラノール誘導体

シラノールとはケイ素の化合物で、ケイ素は皮膚、骨、爪、髪の毛、血管、細胞など人の体の様々なところに含まれている物質です。皮膚構造の修復と、細胞をイキイキと活力を与える作用があります。

 

コラーゲン

肌表面の表皮に潤いを与える効果があります。

 

プラセンタ

豚や馬の胎盤から抽出したエキスで、しわ、たるみなどに効果があります。セラミドのような肌の水分を保持してくれる成分の生成と、肌のターンオーバーを促します

 

ヒアルロン酸

1gで6lの水分を保持できると言われている成分で、肌の真皮に備わっており、肌の弾力性を維持します。高い保湿効果があります。

 

葉酸

肌のターンオーバーを促し、新しいお肌を作り出してくれる、美肌作りには欠かせない成分です。

 

ヘスペリジン

血流を改善する効果があり、めぐりがよくなって肌が温まります。また、ヘスペリジンは水分蒸散量が減るので、肌の保湿性が高まります

妊娠線を予防するおすすめのクリームランキング

AFC mitete

1本120g(約1ヶ月分) 2,800円(税別)

AFCのmiteteは葉酸をたっぷり含んだマタニティクリームです。ネロリの香りでリラックスできます。また、ヘスペリジンを配合していることにより、クリームを塗ったところがじんわりと温まり、保湿性が高くなります。肌のめぐりを改善するため、妊娠線を予防するだけでなく、できてしまった妊娠線の改善にも効果があります。

 

一般的な妊娠線クリームは5,000円ほどしますが、AFCのmiteteは1ヶ月分120gが2,800円と安く、定期購入ではなく1本から購入できます。においやベタつきが気になる方のために、3g×2回分のサンプルも請求できるので、試しやすいのもおすすめポイントです。

 

AFC miteteの公式サイトはこちら>>>

 

モナマミー

1個200g(約1ヶ月分) 初回1,980円(税込) 2回目以降3,980円(税込)

 

モナマミーには、皮膚をイキイキとさせるシラノール誘導体と、肌のめぐりを改善し、保湿力を高めるヘスペリジンを配合しています。さらに、4つの自然派オイル、肌のターンオーバーを正常化するビタミンC誘導体、肌の水分を保持するプラセンタを配合しています。

 

クリームと相性のいいベビーオイルもついてきて、お得感もありますし、90日間の返金保証もあるので、万が一肌に合わなかった時も安心です。初回は71%オフの6,980円(税込)→1,980円(税込)。1回から購入できます。2回目以降も約42%オフの3,980円(税込)なので、1回お試しも、継続して使い方にもおすすめです。

 

モナマミーの公式サイトはこちら>>>

 

ベルタマザークリーム

1本120g(約1ヶ月分) 初回500円(税抜き) 2回目以降4,980円(税込)

 

ベルタマザークリームは、シラノール誘導体、コエンザイムQ10、ヘスペリジン、葉酸、スーパーヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンという、妊娠線予防には欠かせない保湿成分がたっぷり配合しています。保湿は、水分と油分のバランスが大事ですが、ベルタマザークリームはその両方をバランスよく配合したクリームです。

 

定期便は、初回は6,980円(税込)→92%オフの500円(税抜)で、2回目以降は4,980円(税込)とお得に購入できます。定期便は6回の購入が必要となりますが、1本1ヶ月分なので、妊娠線ケアが気になり出す妊娠4〜5ヶ月頃から注文し始めれば、出産頃に6本目が届きます。早め早めのケアをする、意識高めママにおすすめです。

 

ベルタマザークリームの公式サイトはこちら>>>

妊娠線予防はいつから始める?妊娠3〜4ヶ月頃がおすすめ!

このように、妊娠線は、体質によってできる人・できない人に分かれますが、初期の妊娠4ヶ月ぐらいからできてしまう人もいるそうです。ですので、それより前の妊娠3〜4ヶ月頃から予防ケアすることがおすすめです。

 

値段も安く、サンプル請求もできるAFCのmiteteはお試ししやすいです♪

 

当サイトおすすめNo.1 AFC miteteの公式サイトはこちら>>>